2011年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

等身大Gペン [プロトタイプ→テストタイプ]

等身大Gペンです。(元ネタのゲーム等はありません)
試作品で作ったものを、お試しで使ってもらうことになり
[プロトタイプ→テストタイプ]となりました。

ぐはっ・・・なかなか満足のいく完成度にならないものです・・・
修行が足りませんです。はい。

DSC07504.jpg DSC07538.jpg DSC07543.jpg
DSC07545.jpg DSC07547.jpg DSC07560.jpg
DSC07556.jpg DSC07566.jpg DSC07568.jpg
DSC07569.jpg DSC07551.jpg


今回は「巨大Gペンを背負ってみたい!」
というコンセプトをもとに製作しました。
持ち運び・振り回しやすいサイズになっています。

あと、あとあと色々な要求に対応できるよう
ペン先は実際のGペン同様に取り外し交換可能。
付属として、
 ・マジックペンを取付可能なアタッチメント
 ・カメラが取り付け可能なアタッチメント
を装備。
また、持ち運びで肩掛けできるよう、
バンド固定金具も取り付け済み。



今回初めて、メイン素材として塩ビ管を使用しました。
加工性・直線性は非常良いですが、接着の面で少し難が。
塩ビ同士は塩ビ要接着剤でOKですが、
塩ビとその他のものとの接着は、
高価な接着剤を使用しなくてはなりませんでした。

ペン先の塗装には、
いつもより数段高価なスプレーを使用しました。
質感が全然違います!
・・・ただ、上からクリアをかけると折角の質感が無くなって
いつものシルバースプレーと変わらなくなってしまうので
今回は、クリアコート無しです。

※今回は、製作の一部を
 かわさきロボットサロンにて行っています。
 一般のかたでも、
 工作機械や工具が有るいわゆる"工作室"を使うことができる場所です。
 メインはロボット製作ですが、
 それ以外のことも柔軟に対応して頂けます。 
 もし作りたいものがあって興味があったらのぞいてみてください。
 (直接問合せか、私までご連絡でもかまいません)
 


<<Gペン[テストタイプ] 概要>>
・全長:135cm (持ち手部110cm)
・重量:1.5kg
・ギミック:
  ・ペン先交換可能
  ・ペン後ろ部フタとして開閉可能
・オプション:
  ・マジックペンアタッチメント
  ・カメラアタッチメント
スポンサーサイト

| 未分類 | 07時20分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。